ニュースリリース

アグリノーム研究所、リバネスとeco-Bubble®の植物工場などへの適用可能性について共同研究を実施

株式会社アグリノーム研究所(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宮内 陽介)は、株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役副社長CTO:井上 浄)とeco-Bubble®の植物工場などへの適用可能性について共同研究を実施しました。 eco-Bubble®は熊本県立大学の堤裕昭氏が株式会社大巧技研と共同開発したマイクロバブル発生装置であり、本装置を使って得られる高濃度酸素水(溶存酸素(DO)濃度 20 ppm以上)を夜間に植物に与えることで根や葉の生長が大幅に促進されることが報告されています。2020年9月には、堤氏はリバネス主催の第7回アグリテックグランプリに出場し、最優秀賞とJT賞を受賞しています。 今回の共同研究では、これまで報告にあったeco-Bubble®を植物の栽培に用いる方法について、アグリノーム研究所にて植物工場の葉菜類、果菜類を用いて生育促進効果を検証しました。 葉菜類はサンチュ、リーフレタス、コマツナで検証を行い、eco-Bubble®を夜間に与えることで、慣行栽培に比べて生育の促進、収穫時の生鮮重の増加が明らかになりました(写真1)。また、コマツナでは生育後期のチップバーンの発生を抑制していることが明らかになりました(写真2)。果菜類についても、ワイルドストロベリーにeco-Bubble®を夜間に与えることで、慣行栽培に比べて葉の繁茂を促進し(写真3)、結実数が多くなりました。

アグリノーム研究所を東京墨田区に移転、研究機能を強化

株式会社アグリノーム研究所は、2021年5月1日付で株式会社リバネスのアグリガレージ研究所および生産技術研究所の研究施設・研究機能を継承いたしました。 それに伴い、本社住所を東京都墨田区にある旧アグリガレージ研究所に移転いたしました。 今後は、継承した研究施設・研究機能を活用し、アグリデータ事業の強化と植物研究人材のインターンシップの受け入れなどを進めてまいります。

島根県益田市に畜産研究の実証ファームを開所

株式会社アグリノーム研究所(東京都新宿区、代表取締役社長:宮内陽介)は、島根県益田市に畜産研究を促進するための益田実証ファームを開所し、2020年9月28日に益田市、益田市商工会議所など地元連携機関と共に開所式を行いました。今後は、取締役の後藤が持つ代謝インプリンティング技術とICTなどの技術実証試験や地域未利用の飼料化に取組みながら、循環型畜産モデルの実現を目指します。 ・名称:益田実証ファーム ・所在:益田市喜阿弥町 ・面積:10,938m2(約1ha、約11反) ・設備:スタンチョン、水飲み場、電柵、KAKAXI(リモートセンシング機器)注1 ・放牧牛の頭数:2頭(黒毛和種・雌) ・運営体制 運営:株式会社リバネス、株式会社アグリノーム研究所 監修:鹿児島大学、京村牧場、松永牧場、益田大動物診療所 注1 KAKAXI KAKAXI,Incが開発、販売する農地モニタリングIoTデバイス。太陽光稼働で内蔵されたカメラが定期的に農場を撮影し、同時に温度・湿度・日射量・雨量を測定することができる。  

アグリノーム研究所へ名称および事業変更

2019年8月13日 株式会社福幸城ファームより株式会社アグリノーム研究所へ名称変更いたしました。

新取締役就任のお知らせ

株式会社福幸城ファーム(沖縄県那覇市、代表取締役社長:金城雄太)は、2019年1月1日付で、後藤貴文が取締役に就任したことを発表いたします。 後藤貴文氏は、生物学的に新しい概念である代謝インプリンティング理論を応用し、九州大学ブランドビーフQBeefを開発してきました。弊社は後藤氏を取締役に迎え、畜産生産技術開発事業を推進していきます。 後藤 貴文氏 経歴 昭和 63 年九州大学農学部卒、平成8 年 九州大学大学院農学研究科博士課程了。 九州大学助手、准教授を経て、平成29年5月より鹿児島大学学術研究院農水産獣医学域農 学系食肉科学研究分野 教授。 兼任で九州大学客員教授。 平成 9 年 3月、博士(農学, 九州 大学)の学位取得。平成13年3月に日本畜産学会賞受賞。家畜生体機構学を学び、その後 17年間、大学牧場(九州大学農学部附属農場高原農業実験実習場)で勤務し、現場を活用 した教育研究に従事した。日本産肉研究会副会長、家畜感染症学会副会長、日本DOHaD 研究会幹事、肉用牛研究会評議員。専門は、大学牧場に務めた経緯から家畜生態機構学を 基盤に、食肉科学、家畜栄養生理学、家畜管理学、家畜行動学およびICT畜産等、幅広く 牛肉生産について研究している。九州大学ブランドビーフQBeefを開発した。生物学的に 新しい概念である代謝インプリンティング理論の応用、草原や耕作放棄地等の放牧活用技 術、ICTを活用した放牧管理技術およびそこで生産された牛肉のダイレクトマーケティン グをパッケージとした、国土と植物資源をフル活用した新しい畜産システムについて研究 を行っている。 【問い合わせ先】 株式会社福幸城ファーム(担当:金城) 〒901-0152 沖縄県那覇市字小禄 390-102 電話:050-5218-1964