サーキュラーエコノミー事業

アグリ分野でも「資源の採取、製造、廃棄」という一方通行の生産構造を変えていくことが求められています。持続可能な生産を実現するために、資源の有効利用、再利用に関する技術の導入・活用をサポートします。アグリノーム研究所の前身である福幸城ファームで培ったエコフィード・ブランド豚開発の知見を活かし、エコフィード活用型の養豚事業のコンサルティングや、自社で実験農場を整備し、耕作放棄地や放棄山林での効率的な牛肉生産の検証、技術普及を進めます。