山林畜産導入支援

日本の牛肉生産は海外からの穀物飼料の輸入によって成り立っていますが、近年この飼料価格の高騰により国内の牛肉生産農家の経営が圧迫されています。そこで我々は、地方で課題となっている耕作放棄地や放棄山林などを活用して、低コストで成り立つ新たな牛肉生産システムを構築するために島根県益田市内に新たな研究フィールド(益田実証ファーム)を開設し、実証を進めてきました。これまでの益田実証ファームの成果をもとに、山林畜産に取り組みたい方に導入支援を行うことが可能です。益田実証ファームの取り組みと概要についてはこちらをご覧ください。