代表挨拶

miyauchi

VISION

完全循環型農業の実現で持続的な食生産に貢献する

MISSION

農・林・畜産・水産の課題解決に挑む

 

私たち「アグリノーム研究所」は、「完全循環型農業の実現で持続的な食生産に貢献する」をビジョンに掲げ、持続可能な農業生産のあり方を追求する会社です。会社の名称でもある「アグリノーム」は、アグリ(Agri)+ オーム(ome)を由来とする我々独自の概念です。Agriはご存知の通り、「農」を、nome は、ギリシャ語の接尾語で「総体」を指し、合わせて「農全体」を表しています。社名の通り、我々が目指すことは農・林・畜産・水産の分野の課題をとらえ、その解決をはかることです。

 

我が国における農の課題は、就業人口の高齢化、就農者の減少、技術の継承が困難であること等が挙げられる一方、、世界に目を向けると、人口増加に伴い限られた環境の中で今まで以上に生産を増やすことが求められています。そのため、生産現場では、食料生産性を上げていくために、肥料や飼料などの資源を大量に消費せざるを得ない状況に陥り、無駄な資源利用だけでなく環境への負荷も大きな問題となっています。アグリノーム研究所では、アグリデータ解析事業とサーキュラーエコノミー事業を主事業として、生産現場で真に求められる情報のデータ化と現場での活用、そして資源の循環、有効活用を実現するような取り組みを広く推進してまいります。

代表取締役  宮内 陽介