ホーム 未分類 島根県益田市に畜産研究の実証ファームを開所

島根県益田市に畜産研究の実証ファームを開所

147
0

株式会社アグリノーム研究所(東京都新宿区、代表取締役社長:宮内陽介)は、島根県益田市に畜産研究を促進するための益田実証ファームを開所し、2020年9月28日に益田市、益田市商工会議所など地元連携機関と共に開所式を行いました。今後は、取締役の後藤が持つ代謝インプリンティング技術とICTなどの技術実証試験や地域未利用の飼料化に取組みながら、循環型畜産モデルの実現を目指します。

・名称:益田実証ファーム
・所在:益田市喜阿弥町
・面積:10,938m2(約1ha、約11反)
・設備:スタンチョン、水飲み場、電柵、KAKAXI(リモートセンシング機器)注1
・放牧牛の頭数:2頭(黒毛和種・雌)
・運営体制
運営:株式会社リバネス、株式会社アグリノーム研究所
監修:鹿児島大学、京村牧場、松永牧場、益田大動物診療所

注1 KAKAXI
KAKAXI,Incが開発、販売する農地モニタリングIoTデバイス。太陽光稼働で内蔵されたカメラが定期的に農場を撮影し、同時に温度・湿度・日射量・雨量を測定することができる。

 

前の記事アグリノーム研究所へ名称および事業変更
宮内 陽介/Yosuke Miyauchi 研究開発事業部/農林水産研究センター センター長 千葉大学大学院園芸学研究科環境園芸学専攻修了 博士(農学) 大学の修士、博士課程では、「中国乾燥地におけるダイズの多収栽培技術開発」という研究課題のもと、新疆ウイグル自治区に赴き現地の研究者ともに栽培技術の確立を行った。自身の研究経験を活かし、2016年にアグリガレージ研究所を設立、2019年より農業や畜産業に限定されない分野横断的な研究を積極的に推進していくため農林水産研究センターを立ち上げ、研究・技術開発を推進する。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here